自分を攻略していく記録

自分がやりたいことを達成するには何をすればいいのか、その攻略していく過程をつらつらと

中国のシリコンバレーと言われる深圳に行ってきた(2日目)

1日目

diary.shuichi.tech

二日目午前中

ドローンで遊ぶ

5/25に発表されたばかりのDJIのSpark(ドローン)を深圳のとある公園(@少年宮)で飛ばして遊んだ。屋外で風があってもぶれることなく旋回が可能で、非常に安定していた。日本では200g以上のドローンは航空法に引っかかるため気軽に遊べないが深圳ではそこまで厳しくないようだった。

アジア最大の本屋へ

そのあとすぐそばにある深圳書城中心城というアジア最大の本屋に行ってきた。

f:id:ngo275:20170611215805j:plain:w400

アジア最大というだけあってバカでかい。客も多く、好きなところに座って読書に浸っている人がたくさんいた。

f:id:ngo275:20170611215843j:plain:w400

もともと深圳に本屋がほとんどなく、あったとしても個人がやっているような小さな書店くらいだったそう。それが近年深圳では読書を推奨されていることもあり、このような大きな本屋できた。ただ、ここのように人が大勢来ていて規模も大きい書店でも、書籍の電子化の流れに対して苦労している。そのためか、VRのゲームがおいてあってアミューズメント感がある場所もあった。

二日目昼

世界一の電脳街へ

このあと、世界一の電脳街があるという華強北站へ向かった。たしかにでかい。一つの建物にアキバが詰まっていて、その建物が複数個あるような感覚だ。わけの分からないメカがたくさんおいてある。その建物の上にはスタートアップのシェアオフィスがある。各会社が各デスクを保有しているような感じで、一つのフロアでも多くの会社が入っていた。深圳の現地人だけではなく、海外から来ている人も多く、中国の工学系の学生も、深圳まで働きにやってくることがよくあるそうだ。

シェアオフィスには、3Dプリンタが当たり前のようにおいてある。

f:id:ngo275:20170611221412j:plain:w400

パソコンとスマホ両方利用するのはナンセンスだから、スマホとつなげて利用できるパソコンのような新しいデバイスが必要だといって、(たしか)ドイツの人が一人で深圳で開発しているらしい。写真はモニタの裏側で、モニタは4Kのものだった。

f:id:ngo275:20170611221623j:plain:w400

他にもPepperくんのように喋るロボットを開発している会社もあった。渋谷にもスタートアップのシェアオフィスがあるが、そことはぜんぜん違う。深圳のスタートアップは、中身やサービスを作るというよりは、ハードウェアも含めて新しいものを作る、という考え方が非常に強かった。たしかに深圳はもともと工業の街、ハードウェアの街だったという背景はあるが、それにしてもハードウェアとソフトウェアの区別があまりないように感じた。

案内してくれた深圳によく行く(住んでいる)日本人たちのコミュニティの人たち。非常にお世話になりました。このシェアオフィスには彼らの席もある。

f:id:ngo275:20170611223132j:plain:w400

午後

深圳で開催されていたイベントへ

f:id:ngo275:20170611223555j:plain:w400

深圳でHitCrunchというイベントがあり、そこに日本人の高須さんというteamLabの方が登壇するとのことだったので参加してきた。Tedみたいにいろんなジャンルの人が登壇していた。今度深圳でteamLabの展示が行われるとのことで高須さんがteamLabのやっていることについてお話をしていた。テクノロジーの街ということもあり、そのセッションはかなり盛り上がった。

深圳のショッピングエリアへ

深圳のショッピングモールに行ったがめちゃくちゃ大きい。

f:id:ngo275:20170611225155j:plain:w400

Xiaomiというお店へ。中国のアップルのよう。スマート家電からパソコン、スマホなど安価で良いものが売っているが、残念ながら日本にはまだ来ていない。モバイルバッテリーやACアダプターを購入したがそれでも2000円ちょい。

二日目おわり

夜は鍋を食べに行き、ホテルに戻ってやっと深圳について初めてゆっくりできた。 3日目へつづく

中国のシリコンバレーと言われる深圳に行ってきた(1日目)

f:id:ngo275:20170607230245j:plain

もともと工場ばかりの地域だったのだがここ10年ほど前から都市開発が始まり、現在の人口は深圳だけで1000万人を超えている。今は20代30代が人口の多くを占め、65歳以上は2%ほどしかいないという特殊な都市である。移民の街とも言われ海外から多くの人が来て様々な製品・サービスの開発をしている。シリコンバレーよりも変化が早いと言われている。

深圳初日

  • 深圳に行くまでの準備
  • 深圳でまずびっくりしたこと
  • 深圳で電話番号取得
  • 深圳で銀行口座開設
  • 深圳のスタートアップを訪問
  • 深圳のバーへ行く

深圳に入るまで

深圳(中国の中でも香港のすぐそばにある都市)が今アツい。最近よくそう聞くようになったが、深圳どころか中国に一度も行ったことなかったので行くことに。shaoさんという方に案内していただいて、6月頭の週末に行ってきた。事前にAndroid(HUAWEI nova)と香港simを購入しておいた。また、クレジットもVISAやMasterCardが使えないため銀聯カードがある方が良い、と言われ、三井住友で銀聯カードが発行をした(実際は渡航日に間に合わなかったので持って行けなかったのだが)。あと、銀行口座を開設するために一応国際免許も準備した。

深圳に行くにはいくつか手段があるが、その中でも安くて便利な方法が香港経由で大陸に入るやり方。よく深圳に行く人はそれで行くらしい。木曜の夜に香港エクスプレスで羽田を出て、金曜の早朝に香港空港に着いた。ちなみに香港エクスプレスは香港空港まで往復で2~3万円で、質もそこまで悪くないし、アプリもとてもわかりやすい。香港空港から、バス(A43番で上水に行きそこから電車で羅湖へ行き国境を越える)・電車・スカイリモ・タクシーといった何らかの手段で中国の国境を超えると深圳に行くことができる。今回はスカイリモという8人乗りのシャトルバスみたいなもので行くことにした。だいたい2~3千円、1時間くらいで深圳の都市部に到着できる。

香港空港に到着したのが早朝5時前後でスカイリモはまだ運行していなかったので、ターミナル1と2の間にあるプレミアムラウンジで朝食をとりつつ休憩をした。年会費1万ちょっとの楽天プレミアムカードを持っているとただで入れるらしい。7時頃に出て、香港ドルオクトパスカードを入手した。オクトパスカードは日本でいうところのPASMOに相当する。香港に着いたらまず買っておくと良いらしい。これが帰り道に必要になって助けられた。

7時半くらいにスカイリモに乗って中国との国境へと向かう。この手段で行くと国境を越える時に車の中でのらりくらり待っていられるから楽である。運転手は、車から出てタバコを吸いながら待つという自由っぷり。国境のゲートで30分くらい待って中国(深圳)に入ることができた。駅に着いた後は、地下鉄でホテルに向かった。深圳の地下鉄は東京の地下鉄と似ている。若干横幅が広いが基本的にはだいたい同じ。

スカイリモの写真。国境を超えるので中国と香港のナンバープレートがある。 f:id:ngo275:20170607230022j:plain:w300

深圳に着いてびっくりしたこと

QRだらけ

何でもかんでもQRコードがついていること。自販機もQRをやたら主張してくる。電車の券売機もQRで支払いを勧めてくる。ガチャポンですらQRで支払いになっていて、そのうちお釣りという概念を知らない子供が出てきそうだと思うほどだった。QRの読み込みはほとんどWeChatのQRリーダーを前提としているため、財布がなくてもスマホ(というよりWeChat)があればなんでもできる。逆に言うと、電話番号がないと、ほとんどのサービスは認証で次に進めなくなってしまう。

スマホがないと生きていけないため、電池が切れると大変なことになる。そのためか、いたるところにモバイルバッテリーを借りることができる自販機的なものがある。はじめにデポジットで100元(1600円程度)払うことで利用可能で、1時間以内なら無料というルールで借りることができる。課金されても大した額ではないので非常に便利である。

深圳の自販機 深圳の切符の券売機 モバイルバッテリーの貸出スポット
f:id:ngo275:20170607230738j:plain:w200 f:id:ngo275:20170607230832j:plain:w200 f:id:ngo275:20170607230933j:plain:w200

道路に信号があまりない

道路に出ると非常にスムーズなことに気づく。信号待ちがあまりないのである。もちろん、車線が多いのもあるが、何より交差点がほとんどないのだ。十字路を作らずに立体構造にして、交差しないようにしている。歩行者の横断用に地下通路があって歩く側も待つことがあまりない。たしかに、大きくない通りには交差点・信号はあるが、幹線道路は立体構造になっている。

謎の自転車がたくさんおいてある

待ちゆく人がみんな同じデザイン(黄色もしくは赤)の自転車に乗っている。それに道端にも同じ自転車が大量に並んでいる。シェアサイクルである。黄色の自転車が ofo 、赤が mobike 、青がbluegogoというサービスの自転車である。いたるところにあったのだが、これらのサービスはここ一年で広まったらしい。ofoはもっとも安く$60程度のコストだそう。特定の駐輪場があるわけではなく、好きなところで借りて、好きなところで乗り捨てが可能だ。

f:id:ngo275:20170607232059j:plain:w400

ちなみに日本でもシェアサイクルがあるのだが、ドコモのシェアサイクルだと、一台あたりのコストが20万円以上である。それに台数が非常に少なく、駐輪場に返さないといけない。最近はUserEATSのリュックを背負いながらシェアサイクルを利用している人を六本木近辺で見かける。

f:id:ngo275:20170611232339j:plain:w400

高德地图が超便利

中国大陸ではGFWの影響でGoogleが使えないため、GoogleMapも利用できない。それの代わりになるのが 高德地图 という地図アプリだ。GoogleMapよりも便利と言っても過言ではない。近くのレストラン情報が食べログ並みに充実している。

f:id:ngo275:20170607234222p:plain:w400

電話番号取得

事前に買っておいた香港SIMのおかげで香港だけでなく、中国大陸内でもネットは通じるのだが、電話番号がなかった。香港SIMだとGFWも関係ないため、GoogleTwitterFacebookは普通に利用可能。ただ、中国でみんなが使っているアプリを利用するにはSMS認証(要電話番号)を突破しないといけないので、電話番号がないとかなり辛い(ちょっとした観光ならいいのだが…)。

ということで、中国联通(China Unicom)に向かって早速契約をしに行った。月に15元(240円程度)で1G使えると言っていた気がする。日本からでは信じられないくらい安い。日本に戻っても事後登録した口座とかにお金を入れておけば電話番号をずっと保持できる。

電話番号を取得したらofoやmobikeの認証をした。これらはバイクシェアリングのサービスで、好きなところで借りて、好きなところで乗り捨てることができる。駐輪場とかではなく、本当に好きな場所にみんな置いていく。両方ともSMS認証の後に、パスポートで審査があるのだが、ofoは1秒もかからず利用可能になった(パスポートがNGだったらあとでアカウントを凍結するものと思われる)。mobikeは結局滞在中ずっと認証待ちのまま利用できなかった。このあとすぐofoで移動したが、まさにポケモンで自転車を手に入れた時のような気分。

銀行口座を開く

ofoに乗って、中国工商銀行(ICBC)へ。電話番号を手に入れた次は銀行口座。パスポート、免許証・国際免許証と中国の住所を持って窓口に行った。対応してくれる人の機嫌にもよるらしいのだが、ちゃんと開設できた。余談だが、銀行なのに10個くらいある窓口のうち現金用の窓口は1つしかなかった。また、キャッシュカードを入れるとすべての情報(登録している電話番号、名前、住所など何でも関連している情報)を確認できる機械もあった。銀行員に質問しに行くとその機械で調べてくれ、となるのだ。

WeChat Payは日本でアクティベートしていたが、口座がなかったので誰かに送金してもらわないと利用できなかった。しかし、これでWeChatやAlipayが自由に利用できるようになった。銀行口座があると、ATMでクレジットカードから現金を引き出して(キャッシング)から口座に預金することで、WeChatやAlipayを自由に活用できるようになるのである。

UFACTORY(uArm)へ

f:id:ngo275:20170607084947j:plain:w400

夕方はUFACTORYという会社に日本人何人かで行くことになっていた。深圳でuArmというロボットアームを開発しているスタートアップである。消費者向けに3万円のものから9万円の卓上型ロボットアームを扱っていて、すでに80カ国以上で1万台以上売れているそう。オープンソースなので、ロボットの制御をPython等で実装できる。販売のうち約半数が教育関係であり、uArmを通じて、小・中学生や高校生も楽しくプログラミングを学ぶことができる仕組みを作っていた。アームの先端につけるデバイスを変えたり、簡単なコードを書くことで、3Dプリントができたり人の手の動きを真似たり、レーザーで絵を描いたりできる。日本にも進出することを真剣に考えており、どうやれば日本のプログラミング教育に関わっていけるかということについて議論できた。

f:id:ngo275:20170607085135p:plain:w400

深圳の夜のバー

uArmを見たあと、訪問していた日本人たち8人ほどで夜市にあるバーに行った。深圳は中国の中でも比較的物価が高い方だが、それでも食べ物がとても安くて、500円あればお腹いっぱいになれる。ただバーのお酒は日本のそれと同等かそれ以上に高いので意外とお金がかかった。ただ、ここでの支払い、割り勘はWeChatで行えて非常に楽ちんだった。

f:id:ngo275:20170607233100j:plain:w400

終わり

2日目へつづく

diary.shuichi.tech

将来のことは決めつけないようにした

将来何がしたいのか

日本を良くしたい、とそう思っていた。最終的にこうなっていたいから、逆算してこうやって目標設定していこう、それが正しいと思っていた。とは言っても20年30年先のことは漠然として、自分が将来何をするのかしっかりと描けなくて悶々としていた。

でもそれは答えを求めすぎなのかもしれない。早く将来について決めて、考えることを辞めたがっていたのかも、と。ゴールを決めて 逆算して設定した課題をこなしていく人生と、遠く先の明確な目標をあえて設定せずに、今を楽しんで、壁に当たったら修正を繰り返す人生があると思うが、後者のほうが自分には向いていると思った。もちろん、自分の軸は持っていないといけないが。何より今までそうやって生きてきて、それが一番自分らしい。

そもそもこのご時世に、20年先のことを決めるのはあらゆることの可能性を狭めていると思う。たとえば、10年前に携帯がこんなに進化すると思っていただろうか。めまぐるしく発展していく中で、今の自分のレベルで、自分の将来を決定するのは必ずしも良いことではない、そう思う。歳を経るにつれて、自分の視点は高くなって行くだろうし、より高いところで、何がやりたいのか常に考えるようにしたい。

自分の軸

「日本を良くしたい」というのは無理だよと、僕と同様のことを思っていた人に言われた。彼はアフリカとか実際に貧困な国に行って、そう痛感したらしい。大阪の西成地区やあいりん地区は、日本の唯一のスラム街と言われるようだが、むしろ日本は非常に恵まれている国だそうだ。こんなに治安のいい国はほとんどない、と。僕も自分の目でそういう国をまだ見ていないから、いづれ訪れてみようと思う。

自分の影響範囲がまだとても狭く、日本がどうたらというのは一旦置いておこうと感じた。まずは自分が良い影響を与えられる範囲を広げていくことを意識して、今できることに目一杯取り組んで楽しんでいきたい。

ここ1ヶ月の反省

ここ最近は、会社のレベルが高いし、追いつかないといけない気持ちから焦燥感を感じて、いつのまにかものすごく生き急いでいる自分がいた。これもやらないといけない、これもできるようにならないといけない、と。でも、「今そうやって生き急いで、何でもなんとなくできるようになるより、今をもっと楽しんで何かに尖った人になる方が面白い人になれるよ。それに、そういう人が寄ってくるのはめっちゃ楽しいよ。」と言われて肩の荷が降りた気持ちがした。気づいたら、何だか楽しんでいなかったのかもしれない。もっと今楽しんでやっていることに集中して、これだったら誰にも負けないという領域を作るようにしたい。自分の周りの人を良くしたい、という気持ちを持ちながら。

正社員になってから1ヶ月。読んだ本をメモっておく

怒涛の一ヶ月が過ぎた

AnyPayで正社員として働き始めてから1ヶ月がたつ。それなりに時間を作って本を読んでいたので記録しておく。

技術書

Swift実践入門

メインでiOSの実装をしているので読んだが、ジェネリックプロトコルを実践を交えて教えていて良かった。普段から APIKit を利用しているが、一緒にそのライブラリの中身を覗いているみたいで楽しかった。

手を動かしながら読んだのでGitHubに、演習?のコードを上げておく。

パーフェクト Ruby on Rails

最近は1日のうち半分以上Ruby on Railsに触れるようになったが、まだまだ不慣れなので読んでみた。本書ではサンプルのアプリを作っているが、結構時間がかかりそうだったので、実装はしてみなかった。その代わり普段やっているプロジェクトのコードをサンプルコードの代わりにして利用した。普段気にかけていなかったところが腹落ちして良かった。テストやデプロイ、プロビジョニングまで丁寧に書いてあって、網羅的な本だった。

FinTech系

FinTech(フィンテック)入門

FinTechってどんなサービスがあるのか、非常にわかりやすく例を交えながら書いてある。以前これについて少し書いた。

diary.shuichi.tech

FinTechの法律

決済サービスにはLINE PayやYahoo!ウォレット、ペイモ、Kyashなどいろいろ出ているが、それぞれがどう違うのか。それに関わってくる資金決済法を始めとした様々な金融系の法律が丁寧に説明されていてためになった。一口にFinTechと言っても、様々なサービスがあるが、こういう法律があるからそうなっているんだよね、という構造がわかるようになる。

株とかお金系

東大生が書いた世界一やさしい株の教科書

少し古めの本になるが、株って何?というところから始まっていて、入門書に良いかも。人によっては易しすぎるかもしれないが、あまり知らないキーワードとかを調べながら読むと、下手に難しめの本を読むより勉強になると思う。メモがてら以下にキーワードとかを残しておいた。

diary.shuichi.tech

20代で知っておきたいお金のこと

東大出身の方が書いた本。投資と絡めて海外旅行をする、というのは今までない発想だった。

お金はいつも正しい

これも若干古めだが、漫画みたいにさくっと読める。ホリエモンが書いた本。

君がオヤジになる前に

お金とか株とか関係はあまりないが…。ホリエモンの本。彼の本は、明快でさくっと読める。自分の将来が全くイメージできないという人は、こういう本をたくさん読んでみればいいと思う。

来月は…

会社の近くに住んで、通勤時間がなくなったことで、パソコンの前で本を読めるようになった。調べたりメモしながら読むと、本から吸収できる量が明らかに増えた。

4月の前半はなかなか読書をする時間がなかったし、ゴールデンウィークは想像以上に暇そうなので5月はもっと読もうと思う。