自分を攻略していく記録

自分がやりたいことを達成するには何をすればいいのか、その攻略していく過程をつらつらと

シリコンバレーに行って考えたこと

シリコンバレーへ行ってきた

1日目はメルカリやGoogle2日目はSmartNewsやApple3日目はサンフランシスコの観光名所に訪れた。弾丸だったが、最近よく訪れていた中国との違いや、シリコンバレーの気風を体感できて良かった。

以下について感じたことをまとめた。

  • いくつか会社を訪れた雑感
  • お金(現金)について
  • 移動について
  • 食について

いくつかの会社に遊びに行った

現地で働いてる方にメルカリ、GoogleSmartNewsAppleのオフィスに案内していただいた。

メルカリとSmartNewsはサンフランシスコ中心部ののユニオン・スクエアとかの近辺に位置しておりお互いの場所も近い。両社ともに、まったりできる空間が広くて、執務室が占める割合が小さいのが印象的だった。メルカリにはビリヤード・卓球台やテレビゲームもある。

▼メルカリの休憩スペース

f:id:ngo275:20170916152945j:plain:w500

GoogleAppleはサンフランシスコ市内から50キロほど離れたマウンテンビューに位置している。マウンテンビューは車がないと何もできないくらい何もないエリアだ。軽井沢に巨大な会社が揃っているイメージ。Googleは、Appleより自由で開放的な社風で、屋外で仕事をしている人や、スポーツで汗を流している人が目立った。Appleは、どの建物の入り口にも警備員がいて、よりセキュアだった。訪問した4社のうちAppleだけは勤務時間というがあって時間的制約があるようだった。

GoogleAppleはただの企業というよりは、社員の生活に溶け込んでいるちょっとした町のように感じられた。食堂、洗濯機・乾燥機、ジム、自転車、駐車場、床屋、公園などなど生活に必要なものはすべて会社に揃っているし、その気になれば会社で暮らせるほど。夕食時になると、会社に子供を連れてきて家族で食事を取っている人も多く、会社が仕事以外の生活の一部を担っているのだ。マウンテンビューという地域柄こういうことが起こりやすいのかなと思う。

Appleの夕食時の食堂の様子

f:id:ngo275:20170917135414j:plain:w500

シリコンバレーにいるとやるならエンジニアでしょ、という人が多く、日本との違いをひしひし感じた。日本で技術職として勤務すると地方に行くことになるケースが多く、行きたがらない人もいる。その地方に、極端な話、Googleのような環境を作れば盛り上がるのになーと思ったり。

f:id:ngo275:20170918081111j:plain:w500

現金について

お店・レストラン・公共交通機関(バスには乗ってないのでわからない)で現金が必要になるシーンはなかった。クレジットカードがどこでも対応していたのだ。ただ、時折困ったのが友人間のやり取りだ。現地の銀行口座を持っていればVenmoやPayPalで済ませられるが、それがないと現金か、あとで日本で精算、となってしまう。Venmoは大体の人が利用していたが、他にもPayPalも使う、という人や、Facebook Messengerで送る、という人もいた。Facebook Messengerだとお金の履歴がパッと見で分かるから良いのだとか。中国は、お店にも友人にもモバイルアプリで支払いをするが、アメリカは、お店にはクレジットで、友人間ではモバイルアプリで済ませる傾向があるようだ。日本で友人間のやり取りをするには、paymoやKyash、LINE Payが利用できるが、お店に対してクレジットでの支払いが増え、現金が使われなくなってくると、こういったアプリは確実にニーズがあると感じる。

移動について

やっぱりUber/Lyftでの移動が便利だと感じた。中国ではDidi Dache(滴滴打車)が流行ったが、ここ数ヶ月で規制が一気に厳しくなり、なかなか捕まりにくくなったと聞く一方で、アメリカではまだまだタクシー配車アプリの有用性はある。レンタカーでも借りない限り、Uber/Lyftがないと行ける場所が限られてしまう。それに比べると、日本は、狭いということもあるが、交通機関についてはやはり便利だと感じられる。

空港からサンフランシスコ中心部につながるBARTと呼ばれる電車は無人全自動なのだが、騒音がひどく、無人のためか中が結構汚れていた。中国の深センのような新しい地域と比較するとレガシーに感じられた(BARTは1972年から運行しており、深センは2004年からなので当然ではあるが)。自転車の乗り入れ可能というのが特徴的かもしれない。日本や中国だと電車は非常にごみごみしているが、アメリカでは比較的空いており、自転車と一緒に乗車する人もいる。

サンフランシスコの中心部へ行くと非常に坂が険しい。自転車での移動はかなり辛い。中心部ではScootと呼ばれるシェアバイク(自転車ではなくバイク)を頻繁に見かけた。決まったエリア内であれば好きなところに、乗り捨てできる。これは中国のシェアサイクルと近い。一応、シェアサイクルもあったが、坂がきついのでシェアバイクがより求められるように思われる。

渋滞や事故も多いのでリアルタイムに交通情報が得られるWazeというアプリが便利だ、という話も聞けた。中国では百度地图や高德地图がGoogle Mapの役割を担い、ナビだけでなくレストランの検索や交通情報の把握までできるが、Wazeはそこまで多くの機能はないようだった。

食について

サンフランシスコには様々な国の料理がある。もちろん日本食レストランもある。最近では やよい軒 も進出しており、15ドルほどするので日本と比べると2〜3倍の値段になる。他にも定食で人気な大戸屋や、ラーメンの山頭火、つけ麺のつじ田、うどんの丸亀製麺等も進出して繁盛している。一風堂もニューヨークで人気を博していると聞くが、並んでいる間にバーのようにお酒を提供して、最後にラーメンを食べてもらうことでうまく回転しているそう。

日本との違いとしては、バー形式の飲み屋が多く、日本にある居酒屋のような飲み屋があまりなかった。写真のようなバーガーと、フライドポテト、ビールでワイワイしたり。

f:id:ngo275:20170918005935j:plain:w400

サンフランシスコの人は食へのこだわりが強く、ラーメン屋にすでに18時台には行列ができているのも見かけた。酒も大好きで、獺祭や男山も知っているのだとか。日本酒をおちょこでちょびちょび飲むという文化がなく、ショットのように飲むので、めちゃくちゃ売れるらしい。価格も3倍程度になる。日本食をサンフランシスコに届けるビジネスはアリかもしれない。

まとめ

街自体は新しくなく、さほどハイテク感はなかったが、現地の人の、自由に好きなことを追求するんだという精神が感じられた。この精神は深センでも共通すると思っている。GoogleAppleといった巨大な会社は、ただの企業にとどまらず、ある種の文化を生み出しているようにも思われた。日本でも東京以外の場所に、同様の環境ができれば面白そう。

シリコンバレーへ行ってきた(3日目:観光名所めぐり)

シリコンバレーに来ている。3日目になった。

diary.shuichi.tech

シリコンバレー御用達のカフェ Philz Coffee へ

jp.techcrunch.com

泊まらせていただいていた方に、オススメのカフェへ連れて行っていただいた。TechCrunchでも取り上げられているカフェだ。ミントが入っていて、とてもユニークでおいしい。店内の様子もスタバとは異なり、大きいパソコンを開いてコーディングしている人が何人もいた。コンセントとWiFiの設備が良かったのも印象的だ。

f:id:ngo275:20170917143130j:plain:w500

f:id:ngo275:20170917143205j:plain:w500

スタンフォード大学

スタンフォード大学に行ってみた。 想像以上に大きい。学校というよりは巨大な公園みたいだった。休日だったので、閑散としていた。

f:id:ngo275:20170917143644j:plain:w500

観光名所めぐり

カフェの後、サンフランシスコの観光名所を案内していただいた。

ピア39へ

サンフランシスコの北の方にあるピア39と呼ばれる場所へ行った。日本人がイメージするようなカリフォルニアっぽいエリアで、おいしいシーフードのレストランが多く、観光客も多かった。サンフランシスコはクラムチャウダーが有名で、巨大なパンの中にスープが入っている。あとはアザラシが有名。

f:id:ngo275:20170917144148j:plain:w500

f:id:ngo275:20170917144145j:plain:w500

駐車料金が非常に高いので注意が必要かもしれない。

ゴールデンゲートブリッジへ

フルハウスとかで有名な橋ゴールデンゲートブリッジへ向かった。サンフランシスコ市内の方から渡ると、反対側には別荘とかが立ち並ぶエリアが広がる。

f:id:ngo275:20170917144749j:plain:w500

ツイン・ピークス

サンフランシスコが見渡せる場所がある。めちゃくちゃキレイだった。

f:id:ngo275:20170917145647j:plain:w500

街の様子

Wazeで交通情報をリアルタイムに把握

車で案内をしていただいたが、その時に、Google Mapではなく、Wazeを利用しており、周りの友だちもけっこうWazeを利用していると教えてくれた。このサービスは日本にも進出はしているが、言語のローカライズが微妙だったり、日本固有の道路に順応しきれていないといった理由で広く普及しているわけではないようだ。サンフランシスコのように渋滞や事故が起こりやすい地域では、Wazeを使うとリアルタイムで他ユーザーから、交通情報を得ることができて便利らしい。

バイクのシェアリング

Scootというバイクのシェアリングも見かけた。サンフランシスコは急な坂道が非常に多く、自転車ではかなり苦しいのでバイクが出てきたのだと思われる。日本ではドコモ・シェアバイクが電動で不便に感じないが、サンフランシスコの坂を目の当たりにすると、電動でも普及しないと感じた。1日目から何度かシェアバイクの Ford GoBike を見かけているが、坂があるから広く普及していないのかな、とここにきて気づいた。

f:id:ngo275:20170917150657p:plain:w350

3ドルから利用でき、地図上の青の部分に好きに乗り捨ててよい。

f:id:ngo275:20170917151220p:plain:w350

3日目終わり

土曜だったので、休日を満喫している人ばかりだった。ピア39はとても賑わっていたが、実はみなとみらいも同じくらい魅力的な場所じゃないのかなとも思った。むしろみなとみらいの方が安く済むので観光としてはポテンシャルがあるのでは、と思ったり。みなとみらいに比べると、圧倒的にピア39の方が賑わっていて、みんながまったりしていたので国民性の違いなのかと感じた。

車で移動していると、上に挙げたような日本との違いがいろいろ見えて楽しかった。

シリコンバレーに行ってきた(2日目:SmartNews〜Apple)

シリコンバレーに来ている。

diary.shuichi.tech

買い物へ

f:id:ngo275:20170917002509j:plain:w500

近くのスーパーへ

マウンテンビューはサンフランシスコの中心地から50キロほど離れており、けっこう田舎。近くにスーパーとかはそろっていて生活には困らないが、車がないと何もできない。

泊まっているところの近所にあるスーパーに来ると大量のギフトカードを発見した。アメリカはクレジットカード社会だが、クレジットを持てない人はこうしたものを頻繁に利用するのかなと思う。確かに今のところ現金がないと困るシチュエーションは皆無だし、現金で支払いをしているところをほとんど見かけていない。ただ、モバイル決済もほとんど見ない。

f:id:ngo275:20170917002830j:plain:w500

アウトレットへ

せっかくサンフランシスコに来たのでショッピング、ということでサンフランシスコ・プレミアム・アウトレットへ行ってきた。とりあえず安い。Calvin Kleinに行くと入り口にスマホの充電スポットがあった。中国では、ショッピングモールやレストランで、モバイルバッテリーを借りることができるが、ここのものはスマホを置いて充電する形式だった。たしかに他の場所ではあまり見かけなかったので、モバイルバッテリーの貸出にしても返すところがなさそうだった。

f:id:ngo275:20170917003407j:plain:w350

SmartNews@SF を訪問

SmartNewsのサンフランシスコオフィスに遊びに行った。Montgomery駅のそばに位置し、メルカリのオフィスの近くだった。社員は15人程度で、デスクっぽいデスクが占めるスペースが狭く、ゆったりした空間が広いのが印象的だった。案内してくださった方は、東大の同じ学科の8個上の先輩だった。新卒でDeNAにエンジニアとして入社し、2年目からアメリカで展開している事業に関わって、そこでビザを取得したそう。その後にLinkedInでTwitterからお誘いが来て転職したらしい。Twitterをやめた後はフリーランスで開発をし、現在はSmartNewsのPMをしている。ビザの話から、サンフランシスコでの生活などなど参考になる話がたくさん聞けた。

Appleを訪問

サンフランシスコ市内からマウンテンビューに移動しようとUberを探すと、料金がなんと170ドル(18000円ほど)と出てきた。通常の時間はせいぜい50ドルほどで行けるので、諦めて電車で移動した。Uberは混雑具合で価格調整が入るのは知っていたが、ここまで上がるとは思いもしなかった。午後4時くらいだったが、混雑し始める時間だった。サンフランシスコは交通量が多く、すぐ渋滞ができてしまう。

f:id:ngo275:20170917005938j:plain:w500

まだAppleの新しい建物は入ることができなかったので、古い方のオフィスに少し入った(Appleの新しいキャンパスは遠目から眺めたが、異常にでかい光る建物だった)。

f:id:ngo275:20170917011201j:plain:w500

Appleでは、大学のラクロス部の先輩(12期)にお会いした。東大院の新領域を出た後、アメリカで6年半かけてPhDを取得して、米Yahooにエンジニアとして入社した。2011~12年あたりは、米Yahooの業績が悪く、レイオフ祭りだったよ、と楽しそうに語ってくれた。毎年のように何人かクビになり、何年耐えられるか、みたいな状態だったらしい。結果的に、同僚がシリコンバレー中に散らばったおかげで、いろいろな企業にコネができたのが良かったとか。米Yahooの後は、知り合いに誘われてAppleに入社して、現在はHadoop等を扱っているそう。Appleの採用にも携わっていて、コード面接の様子とかについて聞けた。知り合いがアプリのレビューをしているそうだが、評価基準等については一切話せないため、違う部署の社員も知らないらしい(当然といえば当然だが)。

当たり前だが、Google DocsGoogle Spreadsheetとかのサービスは一切使わないし、AWSを使うことはあってもGCPは触れないようだった(でもGoogle Mapは使っていた)。Googleの人はiPhoneを使う人もいるようだったが、Appleの人はiPhoneを支給されるので基本iPhoneを使うらしい。バチバチしている。

Googleに比べて、セキュアな印象が強く、シリコンバレーにしては珍しく勤務時間も決まっていて、若干縛りがあるのかなと感じた。それでも日本の企業に比べると自由だと思うが。

食堂に向かうと、Apple社員が子供を連れて夕飯を取っている様子が目立った。

f:id:ngo275:20170917135414j:plain:w500

2日目終わり

AppleGoogleに比べてお固くて、かっちりしている印象だった。

クレジットカード社会で、現金がないと困るシーンはそこまでなかった。ただ、友だちとのお金のやり取りの時に、クレジットカードで払えないので困ることはあった。現地の人同士であれば、VenmoやFacebook Messenger、PayPal等でやり取りできるが、僕達日本人はアメリカの銀行口座がないのでそういった手段はなく少々不便だった。一緒に行った友だちとは、あとで日本で精算しよう、みたいになってしまう。

3日目

diary.shuichi.tech

シリコンバレーに行ってきた(1日目:メルカリ〜Google)

今年になってから中国に頻繁に行っていたが、ITの聖地シリコンバレーにはまともに行ったことがなかったので、行ってくることにした。

到着からネット環境につながるまで

羽田を木曜の15時40分に出て、サンフランシスコ国際空港に木曜の朝9時に到着。長い一日が始まる。

普段海外に行くときはSIMを入手してそれでネットにアクセスするのだが、今回は到着してから空港で買おうと思っていたところ、SIMを購入できると思っていた InMotion Entertainment で売っていなかった。そのため、SIMを断念し、国際ローミングを利用することに(日本での事前の準備は必要なかった(au))。一日あたり980円なので意外とリーズナブルかもしれない。ポケットWiFiをアメリカで利用すると一日あたり1000円くらいするので悪くない。

サンフランシスコ市内の様子

f:id:ngo275:20170915150343j:plain:w500

AirTrainという電車でPowell駅まで向かった。サンフランシスコの有名な観光名所であるユニオン・スクエアがある駅だ。電車のチケットを買うのは、クレジットで簡単に済ませられた(中国では電車でのみ現金が必要になった)。この電車は全自動で無人の電車である。ただ、電車の中はとてもキレイとは言い難く、騒音もひどかった。市内に着くと、アメリカっぽい町並みが広がる。日本とは違って、建物は全体的に古く、道路もかなりガタガタになっていた。お昼時だったので会社員も多かったと思うが、スーツを着ている人は皆無だった。

道端にシェアサイクルらしきものが見受けられた。Ford GoBikeといって、ドコモ・バイクシェアと似た形式だった。借りるためには駐輪場の端にある機械で手続きが必要なよう。乗っている人もあまり見かけなかったし、他の駐輪場も見かけなかったので、中国のようにめちゃくちゃ流行っているとは思えなかった。

f:id:ngo275:20170916153108j:plain:w500

メルカリのUSオフィスを訪問

メルカリで働く日本人のエンジニアさんと会う約束をしていたので、USオフィスを案内していただいた。彼女は、元未踏クリエーターのエンジニアで、CS周りのシステムを開発している。大学院(だったと思う)を休学して、インターンでアメリカに行った際にビザを取得したそう。

同じ建物から出てくる人の胸元に intuit (米国では中小企業向けには90%近いシェアを誇る会計ソフト最大手の会社)と書いてあるのを見かけたし、かの有名な Slack のオフィスも同じ建物でかなり豪華なオフィスだった。USメルカリの社員は60人くらいがいるそうで、現地での採用もうまくいっているように感じた。とりあえず日本人が少なかった。

ケータリングがある空間やゲームのできる空間、卓球やビリヤードのある空間もあってアメリカのスタートアップぽさを感じた。基本的に勤務時間もフリーでコアタイムなるものはないとのこと。お昼もテラスで食べたりしていて、とても魅力的な職場だった。

f:id:ngo275:20170916152945j:plain:w500

Googleを訪問

f:id:ngo275:20170916154009j:plain:w500

次にマウンテンビューにあるGoogleへ向かった(サンフランシスコ市内からマウンテンビューへは思っている以上に遠い…)。Google検索エンジンに携わっている日本人の社員さんにGoogleを案内していただいた。ラリー・ペイジエリック・シュミットと同じ建物で仕事をしているらしい。彼は新卒で日本のGoogleに入社し、何年かしてからUSのポストが空いたところに入り込んだとのこと。非常にハングリーで、 どうせGoogleなら本場で働きたいと思っていたし、実際に圧倒的にシリコンバレーの方が楽しい 、と言っていた。たしかに、信じられないくらい自由で、本当に働いているのか疑ってしまうくらいにみんな楽しそうに遊んでいた。ビーチバレーをしていたり、ピアノを弾いていたり、と何でもありだった。

f:id:ngo275:20170916014816j:plain:w500

シリコンバレー近辺にはGoogleのキャンパス(大学のキャンパスと同じような感じ)がいくつかあって、一応各社員にデスクは与えられるそうだが、みんなどこで作業をしても良いので、いろいろなところで仕事をしている。メルカリと同様に、時間についても決まりはなくコアタイムもない。とにかく成果を上げていればいい、とのこと。

キャンパス内で自由に利用できる自転車 gbike をたくさん見かけた。中国のofoやmobikeのようだった。他にもシャトルで移動できるようになっていていたるところでシャトルバスを見かけた。

f:id:ngo275:20170916013514j:plain:w500

Googleの社員は自転車やシャトルバスで来る人もいる一方で車で通勤する人も多く、駐車場が巨大だった。しかもテスラを利用している人も多いためか、充電できるようになっていた。アメリカにはカープールというレーンがあり、それは2人以上乗車していれば利用できるというレーンで渋滞を回避できるのだが、テスラを始めとした電気自動車を利用していると1人でもカープールを利用できるので、テスラに乗っている人は多いと聞いた。

f:id:ngo275:20170916153313j:plain:w500

華金には、ある建物に入っているホールで、ラリー・ペイジエリック・シュミットが30分ほど、ためになる話を共有してくれるらしい。その時はどんな平社員でも自由に質問もできるのだとか。

f:id:ngo275:20170916012917j:plain:w500

社員が33,000人ほどいる中で、日本のGoogleからシリコンバレーに来ている人はエンジニアで60人ほどだと聞いた。ビジネスサイドの人だっともっとぐんと減るらしい。

マウンテンビューに暮らす日本人のお宅へ向かう

現地で生活している日本人の家に泊まらせていただくことになっていたのでそこへ向かった。築90年らしいが普通にキレイでやはり広い。2000ドル/月というのは破格なんだよ、と言っていた。彼は語学学校から編入でUCバークレーに入って、大学を卒業した後は、現地で就職してずっとサンフランシスコで暮らしている。軽い感じで、Googleからお誘い来て受かったけど、冷静に興味ないから断っちゃった、と言っていたのが衝撃だった。

1日目終わり

人について

サンフランシスコで会った日本人はみんな何かしら尖っていてすごく優秀なのだと感じた。

街について

街自体は老朽化が進んでいるところもちらほらあって、先進的であるとはあまり感じなかったが、会社のあり方としては、日本や中国で見てきたものとは大きく異なっていて面白かった。何より、縛りがほとんどなく自由な気風だった。マウンテンビューは正直、田舎で何もないが、GoogleAppleといった大きな会社が広大な土地に、巨大な大学のように存在していて、逆に仕事がしやすい環境を作るには最適なのかもしれないと感じた。一方でサンフランシスコ市内は、都会でスタートアップが多いのかなという印象を受けた。

2日目

diary.shuichi.tech