自分を攻略していく記録

自分がやりたいことを達成するには何をすればいいのか、その攻略していく過程をつらつらと

テンセントのお膝元深センとアリババの本拠地杭州に垣間見る類似点

f:id:ngo275:20170806003436j:plain

上海、杭州深センに行ってきた

  • 上海といえば中国の商業・金融・工業・交通などの中心であり、経済規模が国内最大の都市である。
  • 杭州は、上海から高速鉄道で1時間ほどの距離に位置し、南宋時代には事実上の首都として機能していたり、現在でもG20サミットが行われるほどの都市である。最近は無現金都市と謳っている都市で、超巨大EC淘宝(taobao)を運営しているアリババの本社がある。また、支付宝(Alipay)を運営しているアリババの子会社アントフィナンシャルの本社もある。モバイル決済が最初に広まった都市。近年開発が進んで非常に新しい町並みが広がっている。
  • 深センは、中国の南に位置し、香港から車で行ける。世界最大の電脳街があるほどハードウェアに強い街で、ここ10年ほどで一気に進化した。人口も都市部だけで1000万を超える上、65歳以上の人口は2%ほどしかないという非常に若くて勢いのある都市である。微信(WeChat)のテンセントやドローンで有名なDJIがある。

上海-杭州間は高速鉄道(新幹線)、上海-深セン間は飛行機で移動するというハードスケジュールでそれぞれの街を見てきた。気づけばここ2ヶ月で深センには3回行ったことになる。初めて中国に行くまでは、正直なところ、中国といえば空気が汚くて、信号も機能しないような民度が低い場所、と勝手に思い込んでいたが、この2ヶ月でその考えがひっくり返された。思っている以上にテクノロジーが生活に取り込まれている。

それぞれ都市のインフラはどうなっていたか

今回の訪中では、タクシー、地下鉄、新幹線、飛行機、(あと、一応シェアサイクル)と大体の交通機関を利用した。

新幹線の様子

上海は外国人観光客も多いためか英語が比較的通じたが、それ以外の地域ではほとんど英語は通じなかった。それでも、タクシー、地下鉄、飛行機は基本的に日本と同じようなシステムなので、特に利用方法がわからない、ということはなかった。新幹線は、予約をWeChat上で行っていたため、オンラインで全部完結するかと思いきや、その予約を元に窓口で乗車券を発行するという仕組みになっていた。中国の国民IDを持っていると自動発券機で簡単に券を発行できる。あとは、荷物検査があるのも日本との違いだ。今回利用した上海の虹橋駅は、日本のそれとは大きく異なり、むしろ空港に近かった。下の写真は新幹線の駅である。

f:id:ngo275:20170805193016j:plain

地下鉄の様子

それぞれの都市は地下鉄がしっかり整備されていた。上海と深センでは地下鉄に乗る時に、PASMO的なカードがないと、現金なしではなかなか切符を買えないようになっていた(たぶん無理なわけではないと思う)。一方、杭州では、Alipayや銀行のカードがあればそれで切符を買えたため現金なしで地下鉄に乗れた。ただ、深センは外国人観光客が少ないということもあってか、現金でいちいち切符を買っている人はほとんど見かけなかった。

タクシーの様子

上海のタクシーはきれいとは言い難いものだったが、深センのタクシー、バスの多くは電気自動車になっていてきれいなものが多かったのが特徴的だった。電動のバスがとにかくたくさん走っている。杭州はシェアサイクルや電動バイクで移動する人が非常に多く、タクシーはそこまで見かけなかった。タクシーでの支払いはWeChatでいけるので現金は必要ない。

町並み

町並みとしては、上海は東京に似ていた(雑)が、杭州は、道路を初めとして全体的に整備されていて新興都市のように感じた。深センは道路がボコボコだったりするものの、飛んでいるドローンを街中で見かけたり、セグウェイに乗っている人がいたり、QRがどこにでもあったりと、日本よりテクノロジーが街に溶け込んでいると感じることがある。そしてなにより人が若い。

決済の様子

Alipayがある杭州はたしかに現金やクレジットカードがなくてもモバイル決済(AlipayもしくはWeChat)で生活できるようになっていたし、WeChatのある深センも、どんなに小さいお店でもモバイル決済できるので、ほぼ現金が不要だった(地下鉄で必要になる場合はなきにしもあらず)。それに街で現金を使っている人もそこまで見かなかった気がする。一方で上海では、外国人観光客はモバイル決済ができないこともあるため現金を使って支払いをしている場面を多く見かけた(それでも日本よりは少ないが)。特に地下鉄の切符売り場は行列になっていた。

f:id:ngo275:20170805201825j:plain

メトロポリタンの横に広がるテクノロジー街

杭州深センは巨大なIT企業のお膝元でありスタートアップが盛んである。人の流入が非常に大きく、中国で最も移民が増えている都市が杭州、ついで深センである。その結果、資金や人材が潤沢で、アイディアがあればガンガン作っていくエコシステムができてきているのだ。さらに、人々のテクノロジーに対する高い順応力や新しいもの好きな風潮もあり、両都市とも変化が非常に早い。たとえば目新しいサービスが出てくるとこぞってコピーされる。逆に、上海など観光客やお年寄りが比較的多い地域だとこうした変化が起こりにくいのだろう。

杭州は上海から近く、深センは香港から近い。それぞれすでにできあがっているメトロポリタンのそばで急速に進化しているという共通点がある。それに街が発展していく序盤に地下鉄等の交通網がしっかり整備されていたことも興味深い。両都市のようにできあがっている大都市のそばに、スタートアップがおこりやすい環境を整備すれば、深センにあるようなエコシステムがまた生まれてくるのかもしれない。言ってみれば、極端な話、東京ではなかなか大きな変化がおこしにくいが、つくばに地下鉄や交通網を整備して、優秀な若い起業家たちを誘致しまくったら何かおこるかもしれない。あくまでたとえだが。

f:id:ngo275:20170806002714j:plain

eSenderを使って中国サービスのSMS認証を突破する方法(ofoを使ってみる)

中国ではシェアサイクルが異常に流行っている

7/8~9と弾丸で中国の深センに行ってきたが、いたるところに自転車が置いてあった。6月頭に行った時は黄色のofoオレンジのmobikeがメインだったが、今回は青色のbluegogoなど他の会社の自転車が半分くらい占めていて街の変化の速さを痛感した。

道路の脇に並んでいたり 歩道橋のそばに整列していたり
f:id:ngo275:20170715164227p:plain:w360 f:id:ngo275:20170715164603p:plain:w360
道の脇に捨てられていたり 中心地ではたくさん並んでいた
f:id:ngo275:20170715165014p:plain:w360 f:id:ngo275:20170715164659p:plain:w360

利用できると、まるでポケモンでじてんしゃを利用する時のように好きなところで取り出して、好きなところでしまう、みたいなことが体験できる。その簡単な利用方法を紹介する。

ofoを使ってみよう

前提:WeChat Payをアクティベートしており、そこに100元ほどたまっていること 以下のサイトが非常に参考になる。

shao.hateblo.jp

以下の手順は現地についてからで良い。

eSenderを使って、SMS用の電話番号を取得

シェアサイクルにはofoやmobike、bluegogoなどいくつかあるが、僕はofoとmobikeを登録して使えるようにした(6月頭に行った時はこれらがメインだったため)。両方とも、SMS認証が必要で、中国大陸の電話番号を求められた。SMS認証の後に、本人確認でIDの提出も求められる。これはパスポートがあれば問題ない。ofoはパスポートの写真をアップロードするとすぐに利用可能になるが、mobikeはパスポートアップしてから認証が成功するまで利用ができない。したがって普段中国にいない人がシェアサイクルを体験するにはofoを利用するのが現実的だと思われる。

中国大陸における電話番号を取得するには現地でSIMを購入する必要があるが、英語がなかなか通じなかったりするため、中国に精通していないとSIMの入手は易しくない、と思う。そこでeSenderというSMS代行をしてくれる香港のサービスを利用する。 WeChatを開いて、 Multibyte_eSender を検索してeSenderをフォローする。

こんなアイコンのオフィシャルアカウント

f:id:ngo275:20170715172534p:plain:w300

以下の手順で登録できる。2017年7月現在では1ヶ月無料の様子。課金しなければ勝手に解約して終わりだと思われる。登録する時に自分の電話番号を入力するが、08012345678なら+818012345678になる(先頭の0が消えて代わりに+81をつける)。

eSenderを開き易博通を選択 登記開通服務を選択 登録する 規約をチェック
f:id:ngo275:20170715172650p:plain:w200 f:id:ngo275:20170715172738p:plain:w200 f:id:ngo275:20170715172834p:plain:w200 f:id:ngo275:20170715173011p:plain:w200

f:id:ngo275:20170715173323p:plain:w360

こんな感じで+86から始まる中国大陸でSMSが飛んでくる電話番号を発行してもらえる。実際にSMS認証時にこの電話番号を利用する時は、この番号をSMS認証したいアプリ(ここではofo)に入力して、WeChatのeSenderアカウントからSMS認証コード(4桁なり6桁なりの数字)が送られてくるため、それをアプリ(ofo)側に入力する。

ofoをインストールする

ofoをiPhoneの場合はAppStoreでダウンロードする。Androidの場合は、Playストアでダウンロードすると、中国版ではないofoをインストールすることになって、SMS認証時に大陸の電話番号を選択できなかった。したがって、http://www.wandoujia.com/apps/so.ofo.labofo でapkをダウンロードするとうまく中国版がインストールできる。

インストールしたofoを起動して登録していく。非常にわかりやすいUIUXのため中国語が読めなくてもなんとなく進められると思う。ここで先ほどゲットした+86から始まる電話番号を利用する。WeChat経由でSMS認証コードが届くのでそれを入力する。

会員登録が済んだら、100元のデポジット(押金)をする必要がある。これはWeChatからできる(あらかじめWeChat Payをアクティベートして100元は入れておかないといけないことに注意)。

実際に利用してみる

使い方は非常に簡単で、スマホでアプリを起動してQRリーダーを開き、それで黄色い自転車についているQRを読み取って、スマホに表示される4桁の暗証番号を使うだけ。

日本で起動しているので全然出てこないが中国だとたくさん自転車が出てくる。

f:id:ngo275:20170715170334p:plain:w360

鍵のそばにQRコードがついている。

f:id:ngo275:20170715164321p:plain:w360

読み取ると暗証番号が返ってくる。

f:id:ngo275:20170715164513p:plain:w360

30分利用しても1元(16~7円ほど)だったと思う。(安すぎて記憶が定かではない…. mobikeだとQRを読み取ると鍵が自動で開くというハイテクぶり。一方で、ofoは一台あたり60USDほどの安価で大量生産して一気に広まったという。

中国のシリコンバレーと言われる深圳に行ってきた(2日目)

1日目

diary.shuichi.tech

二日目午前中

ドローンで遊ぶ

5/25に発表されたばかりのDJIのSpark(ドローン)を深圳のとある公園(@少年宮)で飛ばして遊んだ。屋外で風があってもぶれることなく旋回が可能で、非常に安定していた。日本では200g以上のドローンは航空法に引っかかるため気軽に遊べないが深圳ではそこまで厳しくないようだった。

アジア最大の本屋へ

そのあとすぐそばにある深圳書城中心城というアジア最大の本屋に行ってきた。

f:id:ngo275:20170611215805j:plain:w400

アジア最大というだけあってバカでかい。客も多く、好きなところに座って読書に浸っている人がたくさんいた。

f:id:ngo275:20170611215843j:plain:w400

もともと深圳に本屋がほとんどなく、あったとしても個人がやっているような小さな書店くらいだったそう。それが近年深圳では読書を推奨されていることもあり、このような大きな本屋できた。ただ、ここのように人が大勢来ていて規模も大きい書店でも、書籍の電子化の流れに対して苦労している。そのためか、VRのゲームがおいてあってアミューズメント感がある場所もあった。

二日目昼

世界一の電脳街へ

このあと、世界一の電脳街があるという華強北站へ向かった。たしかにでかい。一つの建物にアキバが詰まっていて、その建物が複数個あるような感覚だ。わけの分からないメカがたくさんおいてある。その建物の上にはスタートアップのシェアオフィスがある。各会社が各デスクを保有しているような感じで、一つのフロアでも多くの会社が入っていた。深圳の現地人だけではなく、海外から来ている人も多く、中国の工学系の学生も、深圳まで働きにやってくることがよくあるそうだ。

シェアオフィスには、3Dプリンタが当たり前のようにおいてある。

f:id:ngo275:20170611221412j:plain:w400

パソコンとスマホ両方利用するのはナンセンスだから、スマホとつなげて利用できるパソコンのような新しいデバイスが必要だといって、(たしか)ドイツの人が一人で深圳で開発しているらしい。写真はモニタの裏側で、モニタは4Kのものだった。

f:id:ngo275:20170611221623j:plain:w400

他にもPepperくんのように喋るロボットを開発している会社もあった。渋谷にもスタートアップのシェアオフィスがあるが、そことはぜんぜん違う。深圳のスタートアップは、中身やサービスを作るというよりは、ハードウェアも含めて新しいものを作る、という考え方が非常に強かった。たしかに深圳はもともと工業の街、ハードウェアの街だったという背景はあるが、それにしてもハードウェアとソフトウェアの区別があまりないように感じた。

案内してくれた深圳によく行く(住んでいる)日本人たちのコミュニティの人たち。非常にお世話になりました。このシェアオフィスには彼らの席もある。

f:id:ngo275:20170611223132j:plain:w400

午後

深圳で開催されていたイベントへ

f:id:ngo275:20170611223555j:plain:w400

深圳でHitCrunchというイベントがあり、そこに日本人の高須さんというteamLabの方が登壇するとのことだったので参加してきた。Tedみたいにいろんなジャンルの人が登壇していた。今度深圳でteamLabの展示が行われるとのことで高須さんがteamLabのやっていることについてお話をしていた。テクノロジーの街ということもあり、そのセッションはかなり盛り上がった。

深圳のショッピングエリアへ

深圳のショッピングモールに行ったがめちゃくちゃ大きい。

f:id:ngo275:20170611225155j:plain:w400

Xiaomiというお店へ。中国のアップルのよう。スマート家電からパソコン、スマホなど安価で良いものが売っているが、残念ながら日本にはまだ来ていない。モバイルバッテリーやACアダプターを購入したがそれでも2000円ちょい。

二日目おわり

夜は鍋を食べに行き、ホテルに戻ってやっと深圳について初めてゆっくりできた。 3日目へつづく

中国のシリコンバレーと言われる深圳に行ってきた(1日目)

f:id:ngo275:20170607230245j:plain

もともと工場ばかりの地域だったのだがここ10年ほど前から都市開発が始まり、現在の人口は深圳だけで1000万人を超えている。今は20代30代が人口の多くを占め、65歳以上は2%ほどしかいないという特殊な都市である。移民の街とも言われ海外から多くの人が来て様々な製品・サービスの開発をしている。シリコンバレーよりも変化が早いと言われている。

深圳初日

  • 深圳に行くまでの準備
  • 深圳でまずびっくりしたこと
  • 深圳で電話番号取得
  • 深圳で銀行口座開設
  • 深圳のスタートアップを訪問
  • 深圳のバーへ行く

深圳に入るまで

深圳(中国の中でも香港のすぐそばにある都市)が今アツい。最近よくそう聞くようになったが、深圳どころか中国に一度も行ったことなかったので行くことに。shaoさんという方に案内していただいて、6月頭の週末に行ってきた。事前にAndroid(HUAWEI nova)と香港simを購入しておいた。また、クレジットもVISAやMasterCardが使えないため銀聯カードがある方が良い、と言われ、三井住友で銀聯カードが発行をした(実際は渡航日に間に合わなかったので持って行けなかったのだが)。あと、銀行口座を開設するために一応国際免許も準備した。

深圳に行くにはいくつか手段があるが、その中でも安くて便利な方法が香港経由で大陸に入るやり方。よく深圳に行く人はそれで行くらしい。木曜の夜に香港エクスプレスで羽田を出て、金曜の早朝に香港空港に着いた。ちなみに香港エクスプレスは香港空港まで往復で2~3万円で、質もそこまで悪くないし、アプリもとてもわかりやすい。香港空港から、バス(A43番で上水に行きそこから電車で羅湖へ行き国境を越える)・電車・スカイリモ・タクシーといった何らかの手段で中国の国境を超えると深圳に行くことができる。今回はスカイリモという8人乗りのシャトルバスみたいなもので行くことにした。だいたい2~3千円、1時間くらいで深圳の都市部に到着できる。

香港空港に到着したのが早朝5時前後でスカイリモはまだ運行していなかったので、ターミナル1と2の間にあるプレミアムラウンジで朝食をとりつつ休憩をした。年会費1万ちょっとの楽天プレミアムカードを持っているとただで入れるらしい。7時頃に出て、香港ドルオクトパスカードを入手した。オクトパスカードは日本でいうところのPASMOに相当する。香港に着いたらまず買っておくと良いらしい。これが帰り道に必要になって助けられた。

7時半くらいにスカイリモに乗って中国との国境へと向かう。この手段で行くと国境を越える時に車の中でのらりくらり待っていられるから楽である。運転手は、車から出てタバコを吸いながら待つという自由っぷり。国境のゲートで30分くらい待って中国(深圳)に入ることができた。駅に着いた後は、地下鉄でホテルに向かった。深圳の地下鉄は東京の地下鉄と似ている。若干横幅が広いが基本的にはだいたい同じ。

スカイリモの写真。国境を超えるので中国と香港のナンバープレートがある。 f:id:ngo275:20170607230022j:plain:w300

深圳に着いてびっくりしたこと

QRだらけ

何でもかんでもQRコードがついていること。自販機もQRをやたら主張してくる。電車の券売機もQRで支払いを勧めてくる。ガチャポンですらQRで支払いになっていて、そのうちお釣りという概念を知らない子供が出てきそうだと思うほどだった。QRの読み込みはほとんどWeChatのQRリーダーを前提としているため、財布がなくてもスマホ(というよりWeChat)があればなんでもできる。逆に言うと、電話番号がないと、ほとんどのサービスは認証で次に進めなくなってしまう。

スマホがないと生きていけないため、電池が切れると大変なことになる。そのためか、いたるところにモバイルバッテリーを借りることができる自販機的なものがある。はじめにデポジットで100元(1600円程度)払うことで利用可能で、1時間以内なら無料というルールで借りることができる。課金されても大した額ではないので非常に便利である。

深圳の自販機 深圳の切符の券売機 モバイルバッテリーの貸出スポット
f:id:ngo275:20170607230738j:plain:w200 f:id:ngo275:20170607230832j:plain:w200 f:id:ngo275:20170607230933j:plain:w200

道路に信号があまりない

道路に出ると非常にスムーズなことに気づく。信号待ちがあまりないのである。もちろん、車線が多いのもあるが、何より交差点がほとんどないのだ。十字路を作らずに立体構造にして、交差しないようにしている。歩行者の横断用に地下通路があって歩く側も待つことがあまりない。たしかに、大きくない通りには交差点・信号はあるが、幹線道路は立体構造になっている。

謎の自転車がたくさんおいてある

待ちゆく人がみんな同じデザイン(黄色もしくは赤)の自転車に乗っている。それに道端にも同じ自転車が大量に並んでいる。シェアサイクルである。黄色の自転車が ofo 、赤が mobike 、青がbluegogoというサービスの自転車である。いたるところにあったのだが、これらのサービスはここ一年で広まったらしい。ofoはもっとも安く$60程度のコストだそう。特定の駐輪場があるわけではなく、好きなところで借りて、好きなところで乗り捨てが可能だ。

f:id:ngo275:20170607232059j:plain:w400

ちなみに日本でもシェアサイクルがあるのだが、ドコモのシェアサイクルだと、一台あたりのコストが20万円以上である。それに台数が非常に少なく、駐輪場に返さないといけない。最近はUserEATSのリュックを背負いながらシェアサイクルを利用している人を六本木近辺で見かける。

f:id:ngo275:20170611232339j:plain:w400

高德地图が超便利

中国大陸ではGFWの影響でGoogleが使えないため、GoogleMapも利用できない。それの代わりになるのが 高德地图 という地図アプリだ。GoogleMapよりも便利と言っても過言ではない。近くのレストラン情報が食べログ並みに充実している。

f:id:ngo275:20170607234222p:plain:w400

電話番号取得

事前に買っておいた香港SIMのおかげで香港だけでなく、中国大陸内でもネットは通じるのだが、電話番号がなかった。香港SIMだとGFWも関係ないため、GoogleTwitterFacebookは普通に利用可能。ただ、中国でみんなが使っているアプリを利用するにはSMS認証(要電話番号)を突破しないといけないので、電話番号がないとかなり辛い(ちょっとした観光ならいいのだが…)。

ということで、中国联通(China Unicom)に向かって早速契約をしに行った。月に15元(240円程度)で1G使えると言っていた気がする。日本からでは信じられないくらい安い。日本に戻っても事後登録した口座とかにお金を入れておけば電話番号をずっと保持できる。

電話番号を取得したらofoやmobikeの認証をした。これらはバイクシェアリングのサービスで、好きなところで借りて、好きなところで乗り捨てることができる。駐輪場とかではなく、本当に好きな場所にみんな置いていく。両方ともSMS認証の後に、パスポートで審査があるのだが、ofoは1秒もかからず利用可能になった(パスポートがNGだったらあとでアカウントを凍結するものと思われる)。mobikeは結局滞在中ずっと認証待ちのまま利用できなかった。このあとすぐofoで移動したが、まさにポケモンで自転車を手に入れた時のような気分。

銀行口座を開く

ofoに乗って、中国工商銀行(ICBC)へ。電話番号を手に入れた次は銀行口座。パスポート、免許証・国際免許証と中国の住所を持って窓口に行った。対応してくれる人の機嫌にもよるらしいのだが、ちゃんと開設できた。余談だが、銀行なのに10個くらいある窓口のうち現金用の窓口は1つしかなかった。また、キャッシュカードを入れるとすべての情報(登録している電話番号、名前、住所など何でも関連している情報)を確認できる機械もあった。銀行員に質問しに行くとその機械で調べてくれ、となるのだ。

WeChat Payは日本でアクティベートしていたが、口座がなかったので誰かに送金してもらわないと利用できなかった。しかし、これでWeChatやAlipayが自由に利用できるようになった。銀行口座があると、ATMでクレジットカードから現金を引き出して(キャッシング)から口座に預金することで、WeChatやAlipayを自由に活用できるようになるのである。

UFACTORY(uArm)へ

f:id:ngo275:20170607084947j:plain:w400

夕方はUFACTORYという会社に日本人何人かで行くことになっていた。深圳でuArmというロボットアームを開発しているスタートアップである。消費者向けに3万円のものから9万円の卓上型ロボットアームを扱っていて、すでに80カ国以上で1万台以上売れているそう。オープンソースなので、ロボットの制御をPython等で実装できる。販売のうち約半数が教育関係であり、uArmを通じて、小・中学生や高校生も楽しくプログラミングを学ぶことができる仕組みを作っていた。アームの先端につけるデバイスを変えたり、簡単なコードを書くことで、3Dプリントができたり人の手の動きを真似たり、レーザーで絵を描いたりできる。日本にも進出することを真剣に考えており、どうやれば日本のプログラミング教育に関わっていけるかということについて議論できた。

f:id:ngo275:20170607085135p:plain:w400

深圳の夜のバー

uArmを見たあと、訪問していた日本人たち8人ほどで夜市にあるバーに行った。深圳は中国の中でも比較的物価が高い方だが、それでも食べ物がとても安くて、500円あればお腹いっぱいになれる。ただバーのお酒は日本のそれと同等かそれ以上に高いので意外とお金がかかった。ただ、ここでの支払い、割り勘はWeChatで行えて非常に楽ちんだった。

f:id:ngo275:20170607233100j:plain:w400

終わり

2日目へつづく

diary.shuichi.tech