自分を攻略していく記録

自分がやりたいことを達成するには何をすればいいのか、その攻略していく過程をつらつらと

将来のことは決めつけないようにした

将来何がしたいのか

日本を良くしたい、とそう思っていた。最終的にこうなっていたいから、逆算してこうやって目標設定していこう、それが正しいと思っていた。とは言っても20年30年先のことは漠然として、自分が将来何をするのかしっかりと描けなくて悶々としていた。

でもそれは答えを求めすぎなのかもしれない。早く将来について決めて、考えることを辞めたがっていたのかも、と。ゴールを決めて 逆算して設定した課題をこなしていく人生と、遠く先の明確な目標をあえて設定せずに、今を楽しんで、壁に当たったら修正を繰り返す人生があると思うが、後者のほうが自分には向いていると思った。もちろん、自分の軸は持っていないといけないが。何より今までそうやって生きてきて、それが一番自分らしい。

そもそもこのご時世に、20年先のことを決めるのはあらゆることの可能性を狭めていると思う。たとえば、10年前に携帯がこんなに進化すると思っていただろうか。めまぐるしく発展していく中で、今の自分のレベルで、自分の将来を決定するのは必ずしも良いことではない、そう思う。歳を経るにつれて、自分の視点は高くなって行くだろうし、より高いところで、何がやりたいのか常に考えるようにしたい。

自分の軸

「日本を良くしたい」というのは無理だよと、僕と同様のことを思っていた人に言われた。彼はアフリカとか実際に貧困な国に行って、そう痛感したらしい。大阪の西成地区やあいりん地区は、日本の唯一のスラム街と言われるようだが、むしろ日本は非常に恵まれている国だそうだ。こんなに治安のいい国はほとんどない、と。僕も自分の目でそういう国をまだ見ていないから、いづれ訪れてみようと思う。

自分の影響範囲がまだとても狭く、日本がどうたらというのは一旦置いておこうと感じた。まずは自分が良い影響を与えられる範囲を広げていくことを意識して、今できることに目一杯取り組んで楽しんでいきたい。

ここ1ヶ月の反省

ここ最近は、会社のレベルが高いし、追いつかないといけない気持ちから焦燥感を感じて、いつのまにかものすごく生き急いでいる自分がいた。これもやらないといけない、これもできるようにならないといけない、と。でも、「今そうやって生き急いで、何でもなんとなくできるようになるより、今をもっと楽しんで何かに尖った人になる方が面白い人になれるよ。それに、そういう人が寄ってくるのはめっちゃ楽しいよ。」と言われて肩の荷が降りた気持ちがした。気づいたら、何だか楽しんでいなかったのかもしれない。もっと今楽しんでやっていることに集中して、これだったら誰にも負けないという領域を作るようにしたい。自分の周りの人を良くしたい、という気持ちを持ちながら。