自分を攻略していく記録

自分がやりたいことを達成するには何をすればいいのか、その攻略していく過程をつらつらと

2018年の振り返り

雑感

3回も入院したり、シンガポールに2ヶ月くらい滞在したり、深センに2ヶ月くらい滞在したり、AnyPayを退職したり、と2018年は色々なことがあった。

AnyPay

1月から3月くらいまではpaymoで銀行とのつなぎ込み部分の実装をしていた。銀行の資料はPDFではなく紙で渡されるので、サーバエンジニアはすごく大変そうだった。それと並行して、ブロックチェーン系のプロダクトの開発にも関わっていて、React Nativeでモバイル開発したり、Ethereumでスマートコントラクトの開発したりしていた。Node.jsでサーバを書いたりもしていた。

アウトプットは出していこうと思っていたので、これに関連したLTを何度かした。

diary.shuichi.tech

diary.shuichi.tech

4月以降はブロックチェーン系のプロダクトの開発にフルに時間を割いた。夏頃からはセキュリティトークンの発行プラットフォームの設計・開発に関わっていた。技術的な設計だけでなく、スマートコントラクトでどうやって投資契約を実現するのかとか非常に難しいものだった。

8月の後半は少しの間、シンガポールに行って、木村さんのそばで色々なことを学ばせてもらった。とにかくマクロに物事を考えること、ファイナンスとかの知識の足りなさを痛感した。また、技術的なこと以外に、事業をやる上で考えるべきことや組織について学ぶことができた。

diary.shuichi.tech

ファイナンスに関連して以下のような本を読んだ。

バリエーションの教科書 生涯投資家 通貨の未来 起業のファイナンス

その後、次のことをしようと思い11月でAnyPayを退職して一旦フリーになった。

ボランティアで手伝ってたスタートアップ

ボランティアで手伝っていたブロックチェーン系のスタートアップではReactやNode.jsでウェブ開発していた。そこのCEOはアメリカ人で話すのが本当に上手だった。ブロックチェーン系で話が上手だとどうしてもスキャム感が出てしまいがちだが、一緒に数ヶ月やっている中で、どうやら本当にすごいということがわかった。シリコンバレーでエンジニアやってた経歴もあり、技術力はもちろん、中国語・日本語も話す人で勉強熱心だった。海外の人も巻き込もうと思ったら、人前で引きつけるような話ができないといけないと思った。

▼ 手伝ってた会社のCEO 話がうまい

www.youtube.com

ここのスタートアップがSlush Tokyo 2018にブースを出していたので手伝いで参加した。ここでもまた言語の壁を痛感した。単純に英語の流暢さではなく、外人を惹きつけるためのツールという点で。

diary.shuichi.tech

気胸で手術をした

4月から5月の間に2回気胸になって3回入院した。健康には自信があったのだが、急に仕事中に胸が痛くなり、痛みが引かないのでクリニックに行ったところ、気胸で肺がほとんど潰れていたらしくそのまま入院することになった。家で発症してたら、病院も行かずに寝たら大丈夫だろうと思ってやり過ごすようなものだったので、不幸中の幸いだった。

プライベートでアプリを出した

5、6月にはプライベートでコツコツ作ってたPDFリーダーのアプリもリリースした。ソースコードも全部公開している。

github.com

diary.shuichi.tech

この時にFirebaseをフル活用したので、そこでFirebase Meetupで登壇もした。

diary.shuichi.tech

イスラエルに行ってきた

3月に有給を使ってイスラエルに行った。中東のシリコンバレーと言われているだけあって、現地の人のスタートアップマインドに圧倒された。マーケットの成熟度合いや技術力の高さでは日本の方が上だと思ったが、M&Aが日本より身近だったりと、起業家精神に溢れた人が多かった。

diary.shuichi.tech

東南アジアの国々に行った

タイ、カンボジアベトナムインドネシアシンガポールに訪れた。東南アジアは成長していると聞くけど、実際に行ってみると、貧しい層にはその経済成長の恩恵が伝わっておらず、一部の層だけが享受しているように感じられた。貧富の差が拡大しているようだった。

日本よりこちらの方がもちろん大変ではあるけどチャレンジングだろうなと思った。

diary.shuichi.tech

diary.shuichi.tech

深センで2ヶ月くらい過ごした

AnyPayをやめた後、深センで年末まで過ごしていた。深センで働くことも視野に入れながら、人に会ったり会社に遊びに行ったりしていた。デジタルノマドみたいな生活だったと思う。

人に色々会ったりしている中で、登壇の話が来たので深センで登壇もしてきた。

diary.shuichi.tech

2018年は中国語を日常生活位できるようにしたいと思っていたが、それは達成できたと思う。

WeChatのミニプログラムの開発を手伝ったりもした(日本の会社だけど)。

本書いた

2018年の後半にEthereumに関する初心者向けの技術書を書いた。共著だけど。(まだ出ていない。

ざっくりまとめ

  • 技術だけでなくビジネス的なことも学ぶことができた。
  • アジア圏の国を色々回ったりしていた中で、面白い出会いがある一年だった。
  • 東南アジアの勢いを感じ、2019年はアジア圏のスタートアップでやりたいと思った。

f:id:ngo275:20190101163454j:plain:w500
イスラエルのテルアビブ